コウモリを駆除する方法

殺虫剤を吹き付ける

コウモリ駆除の必要性

コウモリが雨戸の戸袋に住み着いて困った、あるいは突然部屋にコウモリが入ってきてパニックに陥ったという経験がある方は、結構いるのではないでしょうか。コウモリに住み着かれると、糞尿の臭いはするし、衛生的に良くないですよね。そういった場合は、コウモリ駆除をしましょう。コウモリ駆除をするにあたって、いくつか注意する点があります。外国ではコウモリは狂犬病のウイルスを持っているとされているところもあります。狂犬病まではいかなくとも、何らかの病原菌を持っている可能性は充分あります。もし、捕まえても絶対に素手では触らないようにしてください。また、コウモリ駆除をするのは良いのですが、コウモリの中には天然記念物に指定されている種類もあります。むやみに殺したりはしないで、捕まえても、安全な場所に逃がしてあげてください。

コウモリを駆除する方法

コウモリ駆除に有効な方法を、いくつか紹介します。まず一つ目は、コウモリ忌避スプレーです。これは、ホームセンターやネットで購入できます。効果は期待できますが、主成分が天然ハッカ油なので、使用後は匂いが残る場合があります。使用後には、充分換気をしましょう。次に、虫取り網で捕まえる方法が挙げられます。原始的ですが、確実な方法です。が、コウモリは、先に説明したように病原菌を持っている可能性があるので、捕まえても絶対に素手で触らないようにしましょう。また、コウモリは嗅覚が発達しているので、蚊取り線香を炊くのも有効です。他にも幾つか方法がありますが、これらの方法でコウモリ駆除をした後、侵入口を塞ぐことが一番大事です。コウモリは、1?2cmの隙間があれば、そこから侵入できます。隙間があれば、完全に塞ぐようにしてください。また、コウモリ駆除は、コウモリが繁殖期に入る7?8月を避け、夕方から夜にかけて行うようにしましょう。